ドッグフードのチキンとラム肉の違いについて

 

原料によるドッグフードの違いとは

ドッグフードに含まれる原料は様々で、その中でも良質なタンパク質を摂取できるチキンやラム肉を原料とする製品が多く見られます。チキンは犬が好む食材として知られています。

味の好みによって食べる量が変わる犬や、食欲があまりないシニア犬などは、食いつきの良いチキンを選びましょう。ラム肉は、他の食肉と比べてアレルギーになりにくい食材です。そのためアレルギー体質のある犬は、ラム肉のドッグフードがおすすめです。犬がアレルギーを起こしやすい食材は穀物ならトウモロコシや小麦、食肉なら豚肉や牛肉があるので、他の原料にも注目して選びましょう。

 

ドッグフードの与え方

食欲不振の犬や食いつきが悪い犬の場合、好みの食肉を原料としたドッグフードを与える他にも、飼い主が工夫できることがあります。比較的簡単にできるのが、ぬるま湯やスープなどでフードをふやかす方法です。食いつきが良くなるほか、固定物よりも吸収が良くなり胃腸への負担も軽減します。

犬は与えられた食事を食べきる習性がありますので、フードに水分を与えることでしっかり水分補給させることにも繋がります。犬は人間より吐きやすい体の構造をしていますので、吐き戻しなどが起こりやすい犬もフードを柔らかくしてあげることで食べやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *